抗がん剤のリスクと無効性

 

●抗がん剤はガン細胞を強化させる

 

抗がん剤を投与すると、強烈な毒がガン細胞だけでなく健康な組織・細胞・免疫細胞にも襲い掛かる。

 

毒によって一時的にガンが縮小することはあるが、耐性を持ったガン細胞は強化され、広がりを見せる。詳しくは推薦書籍を参照

 

「え?抗がん剤はガンを小さくするために投与するのでは?」

 

と、思うだろうが、実は逆にガン細胞を強化させてしまう代物なのだ。

 

これは実際に確認されているデータであり事実である。

 

細菌が抗生物質に対し耐性を持つ事は知られている。

 

ガンにおいても同様で、毒によって一時期にガン細胞が小さくなる事はあるが、しばらくしてガン細胞が耐性を持ち強化されるため、とてもでないが抗がん剤を用いる事が有効な手段であるとは言えない。

 

一時的に縮小(それも多くて2割程度の確率しかない!または変わらない!)したところで、ガン細胞が抗がん剤の毒に対抗すべく強くなり、大きくなったり転移したりする。

 

あるデータによると、「一時的にガンが縮小する率」は抗がん剤の多剤投与をしたグループが最も高く(2割程度)、「生存期間」はその多剤投与したグループが最も短かったという。

 

つまり、抗がん剤を打てば打つほど、早く死にやすいのだ。

 

それも当然で、猛毒によって一時的にガン細胞が正常細胞もろともやられてしまうが、ガン細胞は毒への耐性を持つため、かえってリバウンドしてしまう

 

そして、体内浄化環境はますます劣悪になり、しかもそれを浄化すべき免疫細胞が抗がん剤によって弱まってしまっているため、ガン細胞はむしろ敵無しとなってしまうのだ。

 

耐性を持って強化される現象について、別の見方をすれば、毒を入れられた事により、その毒を何とかしようとフィルターを増やしている姿とも捉える事ができる。

 

担当医師は、一時的に少し小さくなったのを見て、

 

「抗がん剤が効いた」

 

と、言うかもしれないが、実際は免疫を削ぎ、ガンをより強化してしまっているだけという状況なのだ。

 

大きくジャンプするために一時的に身を屈めているのを見て、小さくなったと勘違いしているようなものであろう。

 

そして、転移・強化されたガンに対し、再び三大療法が勧められるというループに陥り、免疫を削がれた患者は、感染症などを経て死んでしまったりする。

 

だが、医者は、

 

「ガンは恐ろしい難病だから、あらゆる手を尽くしましたが、どうしようもありませんでした」

 

と、遺族に説明するのだ。(無知のため本当にそう思っている医者もいれば、そのあたりのことを知っていながら経営や保身などの諸事情で見ぬふりをする医者もいるだろう。)

 

 

 

はっきり言って、こうしたケースのほとんどは、ガンそのもので死んでいるというよりも、抗がん剤の毒性で死んでいるといえるのではないか?

 

「クスリ」などというネーミングはまやかしともいえる。

 

 

この一時的に縮小する部分だけを見て、抗がん剤の効能としているのが現代西洋医学の考え方であり、その他の様々な強い副作用群があるにも拘わらず、ただ縮小したという部分だけを拾い上げクスリという名で使用される。

 

 

副作用こそが毒の本質であり、一時的に縮小するという効能は副産物なのだ。

 

しかも、結果的にガンを強化してしまうのだから何の事か分からない。ガンが強化された上に、それを本来やっつけてくれる免疫細胞は、抗がん剤によって弱り切ってしまい、打つ手がなくなっていく。

 

そして、弱り切った体は、毒の作用あるいは感染症などに太刀打ちできず命を失うのだ。

 

この場合の感染症の本質は、老廃物を自力で処理できない体が、菌の力を借りて燃やそうとする最後の反応でもある。それでも燃やしきれないか、あるいはクスリで炎症反応を抑え込んでしまい浄化が阻害されてしまえば、万事休すである。

 

 

 

●ガンは本当に悪なのか?

 

現代社会の一般的な感覚では、

 

「ガン細胞=増殖し続ける」

「ガン=悪い」

 

と、いうイメージが強いが、実はこの見方に落とし穴がある

 

繰り返し注意しておきたいのは、

 

「様々な症状の本質は、実は体が治癒しようとするための反応である」

 

と、いう点だ。

 

痛み・かゆみ・発熱・・・などというものは、一見とてつもない敵に見えるが、実はそうした症状を起こすことで体を治癒させている。

 

血流を促したり、老廃物を浄化しようとしたりするために起こるわけで、また、見ようによればこれらは体から発せられる、

 

「今の生き方に問題があるよ。生活を見直して」

 

と、いうメッセージでもある。

 

 

老廃物による体内環境の乱れを仮に「血の汚れ」と言ってしまおう。

 

ガン細胞は健康な人でも発生しているものだが、免疫細胞によってそれは逐一喰われているため問題とならない。

 

免疫が落ちた時にガン細胞が大きくなったとしても、免疫が高まり体内浄化環境が正常になればガン細胞は小さくなり消えていく。

 

すなわちガンは流動的なものであり、

 

「ガンは増殖をし続ける」

 

と、いうのは虚構なのだ。

 

 

ある視点から見れば、ガン細胞とは「血の汚れ(体内の老廃物)」が全身の組織に回らないようにするための「フィルター」の役割と考えてみると、そこに悪いものを一ヶ所に固めてしまっている姿と捉えることもできる。

 

そうなれば、「ガンの転移」とは一ヶ所では防ぎきれないために別の場所であらたなフィルターを作ったものと考えることが出来よう。

 

つまり、やむなく体は全身への毒を止めようと「ガンという名のフィルター」という形を以てそれをブロックしていると言えなくもない。

 

こう考えれば、

「ガン=悪い」

ではなく、むしろ助けようとしてくれている味方と捉える事もできる。

 

ガンによって死ぬというのは、ガン細胞そのものが大きくなるからという要素よりも、むしろ血の汚れが蔓延する事で全身の細胞や組織が毒に侵されてしまう影響が大きいからだと考えられる。

 

その途上で、浄化のために感染症(菌を利用して老廃物を燃やそうとする)を起こしたりするが、それでも浄化しきれなかったら毒による死が訪れる。(その場合、死因は肺炎などの感染症と診断されたりする。)

 

あるいは抗がん剤や放射線の毒に体が蝕まれ死をもたらす。(死因はあくまでもガンという事になる!!)

 

 

ここまで言えば、なぜ手術や抗がん剤をしたにも拘わらず再発・転移してしまうのか理解できるだろう。

 

そもそもガンとは体内の浄化環境が悪いから起こるのであり、切り取ったとしても体内環境が変わらないのであれば、体は再びフィルターを作ろうとする

 

抗がん剤という名の毒を体内に入れれば、さらに浄化環境が劣悪になるのは自明の理であろう。

 

こうしてガンの再発・転移が次々と起こっていくのだ。

 

しかし医者はさらに抗がん剤を投与しようとする・・・。

 

これはガンの本質を理解せず、

 

「ガン=増え続ける」

「ガン=悪」

 

と、いう虚構を、本来最も患者の味方であるべき医者が信じ込んでいるために起こる悲劇なのだ。

 

いや、知っていてもなお経営・保身・利権のため使用し続けねばならない構造にこそ根がある。

 

大学の医学部では自然治癒力について教えられず、彼らの治療は厚生労働省・医学者・製薬メーカーによって作られたガイドライン(この内容にも問題が潜む)に従って進められているという。(詳しくは推薦書籍を参照

 

「大学や病院で教えられていない」

「マニュアルには抗がん剤を使えと書いてある」

 

と、彼らは言い訳をするかもしれない。

 

だが、抗がん剤で苦しみ死んでいくのは医者ではない。患者である。

 

ほとんどの固形ガンに抗がん剤が効かない事は、現場を知っているドクターの間では周知の事実であり、それでもなおガイドライン・経営・利権のために日々抗がん剤は投与され続けているという。

 

 

 

火事(根本問題)が起こっているから、警報ベル(症状)は鳴り続けるのだ。

 

それ故、本来医療従事者と患者は、こうした体の声に耳を傾け、どうしてこういう状態になったのかを見直し、そのための改善をしていくべきであろう。

 

それをクスリなどで叩こうとしたり抑え込もうとするから、どんどんと根本問題が解決せず、逆に薬害が重なり、状態が悪化していくのだ。

 

このあたりを見落とし、症状を悪と捉えると、

 

「症状を抑えよう」

「取り除こう」

 

 

と、いう対処療法の沼にどっぷりと浸かる事になる。

 

 

 

●抗がん剤の正体は猛毒

 

手術、放射線も様々な問題が孕むが、より強調してお伝えしたいのが、

 

「抗がん剤は毒物である」

 

と、いう点である。

 

クスリの副作用といえば「しょうがないか」と思われがちだが、実際にはクスリとは概ね毒そのものであり、毒なのだから害があって当然で、それを副作用といっているに過ぎない。

 

中でも抗がん剤は強力な毒性を持つ。

 

「私たちを治すためにお医者様が使ってくれるクスリを、猛毒呼ばわりするとは何事かっ!」

 

と、腹立たしく思う方もいるだろうが、以下の事を知っていただきたい。

 

抗がん剤として使用されているクスリは、実は元々、毒ガス兵器として作られたもので、第一次世界大戦中、ドイツがイギリス兵およそ数万人を大量殺戮した「マスタードガス」がルーツとなっている。

詳しくは推薦書籍を参照

 

使用するドクターはおそらくこの事実を知らないか、あるいは知っていたとしても「諸事情」により黙って使用するしかない。

 

(そうした現代西洋医学の有害性に気付いた良心的なドクターは、本当に治せる医療を目指し、病院を飛び出すことになる。)

 

 

そんな戦慄の代物を、どれほど薄めて使っていたとしても、体内に注入されて平気なわけがない。

 

目の前で毒を垂らされたスープを差し出され、

 

「薄目にしてありますから」

 

と、言われても、あなたは飲む事ができるだろうか?

 

だが、「クスリ」という名札を付けたとたん、人々の多くは大金を支払ってまでも毒を飲もうとするのだ。

 

「それはスープに入れられたのが毒だと知らないからだ」

 

と、反論するかもしれないが、多くの人は抗がん剤の副作用についてはなんとなく知っている。そして副作用とは毒性によって起こるものだという事を理解している人もいる。

 

それでも「クスリ」と医者から言われれば、受け入れてしまうのがガン治療の恐ろしいところなのだ。

 

その背景には人間の恐怖心理が働いており、白衣の権威、それも近代的な建物・立派な医療器材を揃えた大病院であるほど、

 

「これをやらないと、どうなっても知りませんよ」

 

と、いう言葉に重みが増し、拒否しにくくなる。

 

(きっぱりと断れるのは、三大療法のリスクをよく知っている人か、よほどの病院嫌いなどであろう。いずれにせよ多くの人にとって、断るという選択肢はかなり勇気がいる決断のようで、そのためには、きちんとした知識・信念を持っておく必要があるのだ。)

 

抗がん剤という名の毒によって免疫細胞もろともガン細胞を叩こうというのが「治療方針」であり、その毒によってガン細胞が「一時的に」縮小する作用のみを「有効性」「効果」などといっているだけなのだ。

 

これは、ガンを叩くことにしか視点が向いていないためにそうなる。体内浄化環境も免疫も本人の苦悩も考慮されていない。

 

しかも、実際は一時的な縮小で、その後ガン細胞が耐性を持ち強化されてしまうのだから、有効性どころが有害としか思えない。

 

クスリの認可そのものにも大きな問題が孕んでいるようだ。

 

毛が抜けたり爪が黒くなったり吐き気がするのは、要するに毒による影響そのものでしかなく、それを効果に対する「副作用」と言っているだけなのだ。

 

それ故、「副作用」とは言い方ひとつであり、実質は「毒そのものの本質・威力」そのものであり、効果などというものは、その副産物に過ぎない。

 

こうした話を聞けばおそらく大部分の人は恐怖を覚えるか、あるいは、

 

「そんなバカな」

 

と、信じがたい気持ちになるだろう。

 

だが、これが真実の姿なのだ。

 

最高峰の医学部を出て、白衣を身に纏い、先生と呼ばれていても、全ての医者や医療従事者が善意の人であるわけではない。

 

最新設備を揃えた近代的な建物に、何人もの患者を抱えていようとも、その病院を運営している者たち全てが聖人ではなく、患者の健康を日々思っているわけではない。

 

国・教育機関・政治・企業など人間の健康・安全に関わるもの全てが、大衆の生命を何よりも重視しているのではない。

 

虚構・欺瞞・ペテン・・・こうした詐術を駆使して情報を操作し、教育を施し、問題の本質を包み隠そうとしている裏には、様々な思惑や利権が隠れているのだ。

 

 

たとえ、目の前の担当医が、どれほど善良な人物であったとしても、投与される抗がん剤が猛毒である事に変わりはない。

 

無知であるがゆえに、良かれと思って抗がん剤を勧めるのだから、

 

「この先生になら、全てをお任せしても良い」

 

と、患者側に思わせてしまう分、かえってタチが悪い

 

 

 

 

●放射線治療とオペについて

 

放射線治療もまた非常に毒性の高いものであり、かえって命を縮める可能性が大いにある。

詳しくは推薦書籍を参照

 

 

オペによるがん摘出についても様々な意見があるが、それについてはガン患者Aさんの例で解説する。

 

 

 

 

●ガン治療における輸血のリスク

 

抗がん剤という毒を入れることで、体内浄化環境が劣悪となり、ガン化が進めば、どういうことが起こりえるか。

 

ガンの耐性強化により今より悪化して大きくなったり、毒によってフィルターとしてのガンが大きくなったりするかもしれない。

 

 

また、ガンを切れば安心という考えにしても、オペで切った後、結局は根本原因である体内浄化環境がほったらかしでは、再発・転移する可能性は極めて濃厚になる。

 

 

加えて、輸血の問題がある。

 

ガン治療の現場では、抗がん剤やオペを受ける患者に対し、輸血を施すことがある。

 

だが、これは極めてリスクの高いものであることを、多くの人は知らない。(国やメーカーはなかなかそれを認めようとしない。医者でさえも知らない人が多いため、良かれと思い勧めてくるのが厄介なところだ。)

 

例えば、ヘモグロビン値の低下(中で微量な出血があり貧血を起こしていると言われた)を指摘され、抗がん剤投与で入院する中で輸血を勧められることがある。

 

輸血は、貧血症状・オペ・出血症状・ガンなどの現場で勧められる事が多いが、実に危険極まりない。

 

「善意の献血」や「発展途上国の売血」によってほとんどコストをかけずに材料となる血液を集めることができ、それが血液製剤として加工されれば、高額の医薬品に化けるのだから、製薬メーカー・病院の利益は計り知れず、

 

「ブラッド・ダイヤモンド(血液はダイヤモンドほど儲かる)」

 

と、いう隠語が医学界にはあるという。ちなみに世界の中で、血液製剤の消費量の最も多いのが日本である。(参考文献・引用:『血液の闇』 船瀬俊介 内海聡著 三五館)

 

 

輸血のリスクについて、ここで簡潔に述べておく。

 

 

①輸血血液中のリンパ球が生き残っていると、患者の体を攻撃する副作用(GVHD)が起こる可能性がある

 

つまり、輸血とは一種の臓器移植であり、輸血血液と患者の血液がケンカする事があるのだ。これを発症するとまず助からない。

 

だが、患者が輸血によって死んでも、医療過誤死を報告しないケースも多く、あるいは知識がないため、

 

「懸命に治療を行い最善を尽くしたが、病には勝てなかった」

 

と、関連性にすら気付かず、病気や事故の悪化として処理される事が多々あるのだ。

 

これを発症すると出血が止まらなくなるため、さらに医者は輸血をしようとして、悪循環のループに陥る。

 

 

②GVHD防止のため放射線照射を行う事のリスクがある

 

この時の放射線はとてつもなく高い数値であり、その猛毒を照射された血を体内に入れる危険性は言うまでもないだろう。

 

「でも輸血したらヘモグロビン値が上がるではないか」

 

と、言うかもしれないが、輸血で一時的にヘモグロビン値が上がっても、それは見かけの濃度が上がった事によって測定器の数値が上昇した(血の色の濃さで推定計測する仕組み)に過ぎない。

 

「放射線で死に絶えた血球」を入れても血球は働かないため、「実際のヘモグロビンの働き」が上がったわけではないのだ。

 

それ故、一時的に数値が上がっても、しばらくすれば放射線で死んだ血球は老廃物として処理されてしまい(それも体にとって負担になる)、また数値が下がるため、再び輸血を勧められてしまう。

 

さらに、放射線は血小板を破壊してしまうため、その血液は凝固しづらく、そんな血を体内に入れればますます出血しやすくなるのは道理であろう。

 

 

③抗凝固剤が入っているため、出血しやすくなる

 

血小板の働きで血液が固まってしまえば注射針が詰まるため、固まりにくくするためのクスリが添加される。

 

すると、出血しやすいクスリが混じったものを出血している患者の体内に入れるため、ますます出血が止まらなくなるのだ。

 

その他にも、エイズ・肝炎らウィルス感染のリスク、輸血関連急性肺障害、溶血反応、アナフィラキシーなど、様々な副作用・害のリスクがある。

 

「でも、出血したら血を入れないとだめじゃないの?」

 

と、思われるかもしれないが、実は「水分と電解質(ミネラル分)」を入れれば、体は新たな血球を造り、血液となっていくのだ。

 

この電解質液とは、医療現場で見かける「リンゲル液」や、より人間の電解質バランス濃度に近いものとして「カントン・プラズマ(薄めた海水から精製された代替血漿)」がある。

 

これらを使えば完璧とまでは言い切れないが、少なくともリスクの多い輸血を行うよりは遥かに良い。

 

輸血して助かったように見える人の実態は、血であるからではなく、水分とミネラルが補給されたからに過ぎない。

 

リスクのある輸血で副作用が出なかった人は、実は幸運であったのだ。

 

 

 

さらにこれらの様々なリスクに加え、ガン治療に輸血が必要ないと主張する理由は、

 

「輸血をすると免疫が下がり、ガン悪化のリスクが高まる」

 

からである。

 

家族の血だろうと、同じ血液型であろうと、指紋と同様に完璧に一致する血液など存在しない。つまり輸血をすると、体は異物の侵入と判断するのだ。

 

異物が入ってくると、体はなんとかそれを調整しようと働くため、免疫を自ら下げる。(臓器移植で免疫抑制剤を使うのと同じで、それを体が自動的に行う。これができないとGVHDになる。)

 

免疫が下がれば、ガン細胞はますます大きくなるという理屈である。

 

国内外では、この輸血のリスクを知って、無輸血でのオペを行う医師も増えてきている。

 

国内のガンで死亡したおよそ8割は、三大療法(手術、抗がん剤、放射線。この中に輸血の害も含まれる)によって死んでいるという戦慄の事態が起こっているのだ。

 

 

 

 

竹本友重の著書

 

難病専門

逍遥堂(しょうようどう)

 

〒583-0886

大阪府羽曳野市恵我之荘2-8-9

  

AM10:00~PM9:00

(土日も診療)

アトピー改善を加速する7日間無料メールセミナー

(姓)
(名)
MAIL
「心と体を癒すブログ」
「心と体を癒すブログ」
ブログ「電子書籍っていいね!」
ブログ「電子書籍っていいね!」

推薦書籍