ご来院されたら、まずは問診から

 

 

カウンセリングシートに記入していただいた内容につきまして、詳しく問診を行い、

あなたのお体が現在、どのような状態なのかをチェックします。

 

症状の経緯や、原因・日常生活についてなどを詳しくお聞きします。

今のからだの状態や、辛いことなどを具体的にお話しください。

 

からだのあちこちに症状がある場合は、まず一番気になって困っているところから聞いていきます。

 

あなたの症状だけではなく、症状の背景にある環境や生活といったことも治療のために把握する必要があるので、詳しくお話を聞かせてくださいね。

 

こういった詳しい問診が、あなたの心と体を知るための大切なステップになります。

 

じっくりとお話を聞いていくうちに、あなたがなぜ今のような症状に悩むことになったのか」の背景分かってきます。

 

私はある意味で、病というものはその人の「生きざま」が現れたものだと思っています。

 

症状にとらわれ過ぎず、あなたという人間、あなたの生活環境、あなたの過ごしてきたこれまでの歩み・・・、

こうしたものを一つ一つ見ていくことによって、「病因病理」が明らかになっていきます。

 

当院の治療は、この「病因病理」=根本原因である病の本質をとらえる事が大切だと考えています。

 

病の本質をとらえ、枝葉ではなく幹にアプローチする事で、自然治癒力が最大限に引き出され、改善へと向かうのです。

 

 

 

体の検査を行います

 

次に必要に応じて、立った状態や座った状態、痛い動きなどを確認した後、横になってもらい体の状態をチェックします。

 

心と体の不調和は、様々な形で全身に表れています。

ツボ・舌・脈・背中・お腹・手足・・・などを丁寧に観察していきます。

 

問診や検査では、できるだけ詳しくあなたのお体のことをチェックさせていただきますので、初診の際には時間にゆとりを持って来院ください。

(初診では、全体で1時間半~2時間くらい。)

 

 

方針を説明した後、施術に入ります

 

施術内容は、患者様の状態によって違います。

「鍼灸」か「無痛整体」のいずれか

できるだけ回復力を引き出しやすい方法を選びます。

 

痛いこと、違和感があることは一切しませんのでご安心ください。

 

 

当院の施術は、

「やさしく、心地よい」がモットーです。 

患者様の状態にあわせて様々なバリエーションで対応していきます。

 

 

 

<鍼灸(はり・きゅう)>

 

自律神経の乱れや内臓の働きを整えます。治癒力を最大限に引き出すため、要所のツボに1~2本を適宜使用しますが、痛みはありません。

「えっ?もう入ってるのですか?」

と、驚かれる方も多く、痛みは感じません。ほとんどの場合、本当に浅く鍼を入れるだけです。

 

刺さない鍼や温灸などを用いることもあります。

 

●鍼は5分~20分ほど置鍼し、抜鍼後に気の巡りをよくするため10分ほどそのまま寝ていてもらいます。

 

●鍼は使い捨て(ディスポ鍼)を使用していますので衛生面での心配はありません。

 

●冷え体質の方や不妊・逆子の治療の際には、お灸を用います。熱過ぎず心地よい熱感ですので安心です。

 

●小さいお子さんや敏感な体質の方には、刺さない鍼(打鍼・鍉鍼)を用います。


 

 


<無痛整体>

 

身体をやさしくゆっくりと揺らしながら、

ソフトなタッチで触れたり軽く引っ張ったりします。

とても心地よくお子様からお年寄りまで安心して受けていただけます。

 

ソフトなアプローチにより治癒力を最大限に引き出すため、特にアレルギー性紫斑病などには顕著な効果を発揮します。<<「無痛整体」とは?


いずれにしても、デリケートな人に対応したやさしい施術ですので、不安な人も安心していただける内容です。 

 

施術自体の時間は人によって様々です。

初回は、約1~2時間かけて問診し、施術を行います。

 

初回:1~2時間の問診・検査+15分~30分の施術

 

次回以降:10分~15分の問診・検査+15~30分の施術

 

を目安にしておいて下さい。

 

 

施術後のアドバイスと養生法、これからの方針についてお話します

 

施術後は心身の緊張が取れてリラックスし、回復力が高まっています。

 

その状態を保持し、健康なあなたに戻れるように、
「ご家庭でのケア方法」「気をつけてほしいこと」などをアドバイスいたします。

 

施術の回数や期間は、あなたの心と体の状態とあわせて提案いたします。

 

2回目以降は、経過をみながら調整していきます。

初回ほどお時間はかかりません。30~40分くらいです。

 

症状によりますが、多くのケースでは、はじめの数回は詰めてきていただくことが多いです。できるだけ短期に回復をしようとすると、週2回は必要かと思います。症状が落ち着いてきて体の回復状態がいい傾向であれば、週1回・・さらに2週に1回・・1ヶ月に1回・・など間隔を空けていけばいいかと思います。

 

竹本友重の著書

 

難病専門

逍遥堂(しょうようどう)

 

〒583-0886

大阪府羽曳野市恵我之荘2-8-9

  

AM10:00~PM9:00

(土日も診療)

アトピー改善を加速する7日間無料メールセミナー

(姓)
(名)
MAIL
「心と体を癒すブログ」
「心と体を癒すブログ」
ブログ「電子書籍っていいね!」
ブログ「電子書籍っていいね!」

推薦書籍