ガンが生じる真の原因

 

現代西洋医学中心の世において、

 

「ガン=悪者」

「早くオペで取ったりクスリで叩かなければガン細胞が増殖して死ぬ」

「ガンになったら抗がん剤や放射線に頼るしか方法はない」

 

と、いうような「常識」がはびこっている。

 

だが、「西洋医学は進歩している」といわれる中、なぜ年々ガン死亡社数は増え続けているのだろうか?

 

それは、

 

現代西洋医学のガンに対する診立てに大きなズレがある」

 

からであり、そこから派生する、

 

「現代西洋医学の三大療法(抗がん剤・放射線・オペ)が根本的改善をもたらすどころか、むしろ悪化させるケースが多々ある」

 

からだ。

 

現代西洋医学は、一部の救急処置が必要なケースを除き、治療処置のことごとくが対処療法に過ぎず、根本治療に導く手段を持っていない。

 

つまり、

 

「なぜガンが生じるのか」

「どうすれば根本的にガンが治るのか」

 

と、いう正しい視点を持たないまま、猛毒の抗がん剤などを患者に投与し次々と死に至らしめているのだ。

 

「何を馬鹿なことを!」

 

と、思われる方も多いだろうが、これは正真正銘の事実を語っているに過ぎない。

 

以下の証言がその指摘が事実である事を物語っている。

 

(参考文献・引用『ガンで死んだら110番 愛する人は”殺された”』 船瀬俊介著 五月書房)

 

 

 

【ある大学医学部付属病院での話】

 

一人の医師が、

 

「一年間に亡くなったガン患者の八割が、ガンそのものではなく抗がん剤の副作用など三大療法が原因で死んでいる」

 

と、気付き、論文にして学長に提出したところ、学長は目の前でそれを破り捨てたという。

 

「こんな本当の事を患者が知ったら、どんな騒ぎになるか、分からんのか!」

 

と、言わんばかりに・・・。

 

 

【厚生労働省の専門技官の言葉】

 

「抗がん剤でガンを治せない・・・。それは周知の事実です」

 

――抗がん剤は猛烈な発ガン物質でしょう?

 

「そうです・・・」

 

――抗がん剤を打ったら、体の他の場所に、新たに発ガンするでしょう?

 

「それも周知の事実です・・・」

 

――抗がん剤を投与してもガン細胞は耐性を持ちますよね?

 

「ガン細胞が耐性を持つのも周知の事実です」

 

 

 

【厚生労働省の保険局医療課長が公言】

 

「抗がん剤は保険で払う必要がない。なぜなら、いくら使っても効果がないからだ」

 

 

【ガン学会の会場ロビーでの医師たちの会話】

 

「効かないクスリをこんなに使っていいのかね?」

「固形ガンにまったく効かないね」

「すべては出世のため・・・」

 

 

【米国立ガン研究所(NCI)所長の議会証言(一九八五年)】

 

「抗がん剤による化学療法は無力だ。なぜなら、ガン細胞はすぐに自らの遺伝子を変化させて、耐性を身につけ抗がん剤を無力化するからだ(反抗ガン剤遺伝子、ADG)」

 

 

【米国立ガン研究所(NCI)の一九八八年のリポート】

 

「抗がん剤は、強い発ガン物質であり、投与すると別の臓器・器官に新たなガンを発生させる」

 

 

【アメリカ政府調査機関(OTA)】

 

一九九〇年、抗がん剤の有効性を完全否定する実験報告を踏まえ、

 

「非通常療法(代替療法)の方が、末期ガン患者を救っている」

 

ことをはっきり認め、代替療法への調査・助成をNCIと議会に勧告する。

 

このリポート以降、アメリカのガン治療は180度シフトを始め、アメリカのガン死亡者数が減り始めていく。

 

 

 

いまだ日本が旧態依然として三大療法への信仰を持ち続けているのは、こうした事例を日本の製薬メーカー・医学界・厚労省・政治・マスコミが隠蔽しようとするからで、ガンの三大療法が生み出す利権が絡んでいると疑われても致し方あるまい。

 

国民どころか医師でさえこうした事実を知らされない医療現場では、

 

「あなたのため」

 

と、称して、今日もなお抗がん剤が投与され続けているのだ。

 

 

 

 

●病の本質とは?

 

ガンが生じる真の原因を知るには、まず病気というものの本質を知っておく必要がある。

  

病気というものの本質は何か?

 

人が病気になったと考えるのは、自身の身に様々な症状が起こった時である。

 

それではこの症状というものはなぜ生じるのだろうか?

 

結論から言えば、

 

「体が自らを治そうとしているために起こる反応」

 

これこそが症状の意味である。

 

例えば、風邪をひいて熱・咳・下痢・食欲不振が起こったとする。

 

これらは全てつらい症状であるが、実は体の治癒反応によって起こっている。

 

「熱」:菌やウィルスと戦う。菌やウィルスの力で老廃物を燃やす。

「咳」:菌や老廃物を排泄する。

「下痢」:菌・毒素・老廃物を排泄する。水分を外に出し温める。

「食欲不振」:消化吸収よりも排泄・治癒に力を集中させたい。

   

このように、風邪をひいた時、体は治癒するために必要な処置をしてくれているのだ。

 

これが「自然治癒力」である。

 

そのため、食事を摂らず、水分を摂り、温かくして寝ていれば自然に治癒していく。

 

逆に、解熱剤を飲んだりするとかえって治癒が遅れてしまう。

 

咳止め、下痢止めもまた同様であり、体内の老廃物が出せなくなるため、毒を溜める事になる。

 

 

●火事と警報ベルの関係

 

また、こうした症状は同時に、

 

 「こうなったのは、生活の在り方に、無理や負担があったからだよ」

 

と、知らせてくれる役目を持っている。

 

   

火事と警報ベルの関係を例にしてみよう。

 

火事(根本原因)が起こった時、警報ベル(症状)が鳴る。

 

ベルは火事の存在を知らせようとしてくれる味方である。

 

本来なら、ベルによって何か問題がある事を知らせてくれているのだから、火の元を探して消さなければならない。

 

火を消せばベル音は必要なくなり静かになる。これが「根本治療」だ。

 

しかし、この時、

 

「ベルがうるさい」

 

と、音を聞こえなくするのに躍起になるのが「対処療法」なのだ。

 

現代西洋医学では、ベルの音(症状)に対し、

 

「じゃあ、この耳栓(クスリ)を使ってはどうか」

 

と、いう具合に処方する。

 

ベルが鳴っているのは火が燃えているからであり、本来なら火を消す事を考えないといけないのだが、目先のベル音にばかり気を取られてしまうのだ。

 

人間の体を癒すのはクスリや道具ではなく、唯一その人が備える「自然治癒力」のみである。

 

クスリは症状を抑えぼやかすだけのものに過ぎない。

 

そうしている間に火が自然に消えてくれればいいが、多くの場合、根本原因が放置したままなので火はさらに大きくなっていく。

 

すると、ベルはさらにそれを知らせようと大きな音を出すようになるが、こうした時でさえも、

 

「もっと大きな耳栓を使えばどうか」

「この素材の耳栓なら、さらに音を聞こえなく出来る」

 

と、いう方向に終始するのは果たして正しいのだろうか?

(さらに、クスリには副作用がある!)

 

しまいには、

 

「うるさいベルを壊してしまえ」

「聞こえないように鼓膜を取ってしまえ」

 

と、力技(オペ)に出ようとする。

 

笑い話の様だが、これが多くの医療現場で行われている現実なのだ。

 

 

 

【症例 風邪の様な諸症状 Yさん】

  

ここで一つ、私が携わった症例を挙げてみよう。

 

Yさんは、以前に心の病の治療のため当院を訪れ、回復された経緯がある。

 

その後、様子を見ていたのだが、ある日、

 

「風邪症状が一ヶ月半続いている。病院でクスリをもらって飲んでいるが、治らない」

 

と、困られて当院に来られた。

 

以前の主症状は特に問題ない。

 

ただ、秋口から微熱・咳・痰・鼻水・咽喉のイガイガなどが治らず、病院で咳止め・痰切りなどのクスリをもらったものの変化がないという。

  

問診および東洋医学的検査をすると、どうやら最近、仕事のストレスが募り、飲食の乱れがあった様子である。

 

夏の疲れ・冷たいものの摂り過ぎ・クーラーの冷えなどで内臓の働きを損ね、さらにストレスと飲食の乱れにより諸症状が起こったものと判断した。

 

私は鍼灸による施術を行うと共に、今一度日常生活の見直しをしてもらい、食養生指導を行った。(コンビニでお昼を買うのを止め自宅からオニギリを持参、添加物が入ったものを摂らない、動物性食品を控える、甘いもの・スナックの摂り過ぎをやめる・・・など。)

 

Yさんの症状である熱・咳・痰・鼻水などの症状は、全て老廃物を処理するための反応である。

 

だが、こうした日常の乱れを野放しにして、クスリで症状に蓋をしようとしても、治癒力が損なわれ長引くケースがあるのだ。

 

自律神経の乱れを調整し、体内浄化環境を改善すれば、こうした症状を起こす必要はなくなる。

 

私の説明を聞き、

「腹に落ちました」

と、納得されたYさんは、クスリについても自身の判断で止められた。

 

数日後、メールが来て、

 

「施術を受けた後、クスリを止めて日常の改善を行ったら、一ヶ月半続いた症状が無くなった」

 

と、喜ばれていた。

 

ただ、私の施術などは、治癒力をほんの少し助けるきっかけに過ぎない。

 

仮に施術なしでも、日常の改善さえ行えば、治癒力が発揮され、いずれYさんの症状は治ったはずだ。

 

むしろ術よりも、何が問題かを見極め、何を改善すべきか方向性を示した事こそが重要だと思っており、Yさんはそれをきちんと受け止め、実行に移されたからこそ回復が早まったのだといえる。

 

病院では、そうした点への配慮は無く、クスリで蓋をし続けたために、一ヶ月半もの間症状が続く事になったのだ。

 

まさに、

「火を見ようともせず、警報ベルを消そうと躍起になる」

と、いう典型であろう。

  

 

●ガンと体内浄化環境

 

ガンのメカニズムを知るために、今度は、

 

「アトピー性皮膚炎」を例にして考えてみたい。

    

 アトピーは皮膚の病と思いがちだが、実は、

 

「体内をキレイにするための浄化反応」

 

である。

 

ストレス・飲食の乱れなど様々な理由で体に蓄積した老廃物・毒素を排泄すべく、緊急処置として皮膚から出そうとしているのがアトピーの本質なのだ。

 

通常、老廃物の排泄・解毒は、大便・小便・汗・呼吸・免疫細胞・肝臓・腎臓などによって処理される。

 

少々の量ならこれらだけで問題ないのだが、便が出なかったり、暴飲暴食をしたり、ストレスで内臓機能が低下するなどで「体内浄化環境」が乱れていくと、老廃物はどんどん溜まっていく。

 

これが全身に蔓延しないようにするために、体は緊急的な防衛措置をとる。それが「炎症」「咳や痰」「下痢」「出血」「皮膚からの排泄」などとして表れるのだ。

 

要するにこれら一連の症状というものは、体を痛めつけようとしている敵ではなく、むしろ体内浄化を行うための味方なのだ。

 

体内浄化環境(根本原因)が整えば、自ずとアトピー(枝葉)は消え去る。

 

火が消えれば、自ずと警報ベルは消えるのである。

 

そして、アトピー症状を別の角度から見れば、

 

「体内では今、浄化環境に問題が起こっているよ」

 

と、知らせてくれているとも受け取れるのだ。

 

それを、ステロイドなどで症状に蓋をしてしまえば、出口の無くなった体は老廃物を処理するべく、ますます皮膚からの排泄をしようとしたり、別の出口を作ったり(花粉症や喘息症状として老廃物を外へ出そうとしたり、炎症を起こし燃やそうとするなど)しなければならなくなる。

 

クスリを塗っても塗っても良くならないのは、根本原因である体内浄化環境を改善しようとせず、ひたすら枝葉にばかり捉われるからだ。

 

 

そして、ガンもまた同様に、体内浄化環境の乱れによって生じる

 

ガンとは、

 

「体内にフィルターを作り、毒を全身に回らないよう溜めておく一種の浄化装置」

 

 

なのだ。

 

つまり、「老廃物で汚れた血」を全身に巡らせないようにするための防衛反応であるといえる。

 

ガンの転移とは、一か所で固めて置けないほどの浄化環境の乱れがあった場合、別の場所に新たなフィルターを作り食い止めようとする姿なのだ。

 

末期ガンの出血もまた、フィルターで抑えきれない毒素を排泄するための手段であると考える事ができる。

 

 

 

では、どうすればガンが治るのか?

 

答えはシンプルである。

 

乱れた体内浄化環境を正常化すればいいのだ。

 

(その方法論については、ガンの改善方法で詳しく述べる。)

 

体内の毒素や老廃物がクリーンになれば、ガンという名のフィルターの役割は必要なくなり、免疫細胞によって食べられ小さくなったり、消えてなくなる。

 

あるいは、悪さをしない状態のまま体内に残り続ける場合もあるが、健康に過ごせるのならばそれもまた良しと考えてはどうか。

 

 

 

 

竹本友重の著書

 

難病専門

逍遥堂(しょうようどう)

 

〒583-0886

大阪府羽曳野市恵我之荘2-8-9

  

AM10:00~PM9:00

(土日も診療)

アトピー改善を加速する7日間無料メールセミナー

(姓)
(名)
MAIL
「心と体を癒すブログ」
「心と体を癒すブログ」
ブログ「電子書籍っていいね!」
ブログ「電子書籍っていいね!」

推薦書籍